空腹は最大のご馳走なり!

0

      💛ブログにご訪問ありがとうございます。💛

     


    数年前に比べたら、今の収入は半分以下です。
    ほとんど、50%オフ状態。

    まあ〜これは自己責任です。


    そんな状態ですから、どんどんいろいろな物を下げていきました。

    一番、最初に下げた物は化粧品。
    贅沢にもSK−●を使っていました。

    今はスーパーで売っている、化粧品。
    でも、全然問題はありません。

    ただ、最近は環境が変わって水が変わったせいか、

    敏感肌になってしまい、シャンプーや石鹸を使うと

    肌がヒリヒリします。

    勿論というか、化粧水もヒリヒリで

    化粧水もなし、薄くココナッツオイルを

    塗るだけだけです。


    次は食品。

    野菜をメインに変更。
    お米も質より量。

    最初の頃は、う〜んと言う気分にもなりましたが、
    慣れるとあんまり感じません。

    たまに、友人宅でお昼をご馳走になった時、
    友人宅のお米のおいしさにびっくりしました。

    お米が透明感があって、つやつやして
    味も食感も・・・・家・・とは違う。

    心底・・・こういうお米を食べられる・・・と言うより
    こういうお米を買える友人がうらやましかったです。

    以前に比べれば、確かに食材にかけられるお金は少なくなりました。

    しかし、不思議なのですが、
    家で食べるごはんはおいしく・・・感じるのです。

    なんでだろう???


    料理の腕を上げた?
    それはない・・・です。


    ふと、思いました。

     


    私はおなかが空いたらごはんを食べるようにしています。
    時間帯に関係なく、おなかが空いたら食べる。

    そう・・・いつも、おなかが空いた状態でごはんを食べます。

    空腹は最大のご馳走なり!


    おなかが空いていれば、大抵のものはおいしく感じます。

    あーそういう事か!・・・・納得。

     


    ある意味・・・秘策?

     

    ブログランキング参加しています。

    人気ブログランキングへ

      スポンサーリンク



    • 2016.12.28 Wednesday
    • お金
    • 10:39
    • -
    • -
    • -
    • by kaya




    一生お金に困らない生き方

    0

        💛ブログにご訪問ありがとうございます。💛

      JUGEMテーマ:読書

       

      以前、アメリカのお金持ちの生活に書かれていた本を読んだ事があります。


      そこには、お金持ちはお金をいっぱい持っているので
      お金はあって当たり前の空気のようなものなのであまりお金の話は
      しないとのことでした。


      あまりにも当たり前なのであえて

      話題にすることもないのだとか...。

      これをいくらで買ったとか。


      この家はいくらしたとか...。
      そういうことは話題に上らないとか...。

       

      そういえば、お金持ちの人ってそういう話はしませんよね。


      誰かがそういうことを話しても一緒にあって、

      私はこれ位安く買ったとか....あまり乗ってきません。

       

      お金があって当たり前。
      空気みたいなもの。
      お金を空気に置き換えたら面白いですよね。


      お金に対してすごく緊張することもないし、

      ないとめちゃくちゃ困るけれども空気って普通にありますからね。

       

      お金持ちはお金に対して全然構えることがないのでしょうね。


      お金が恐いとかそういう感情もないのでしょう。

       

      お金とうまく付き合いたかったら、
      お金持ちの様にあって当たり前の

      スタンスで付き合うといいのかも知れませんね。

       

      ただ、空気みたいに考える・・・といっても

      何もしなくても

      そこにある。

       

      なかなかそうは思えません。

       

      ずーっとそんな風に考えていたら

      ちょっと衝撃的な本に出合ってしまいました。

       

       

      一生お金に困らない生き方

       

       

      p.29より抜粋

      川の水はじゃんじゃん流れて、上流からいつも新しい水が流れ続けています。

      でも、みんなが自分だけの分がほしくて水をせき止めて、自分のため池をつくると、

      そこから奪い合いが始まります。

      そしてため池にためた水はやがて腐ってきて、そのうち地面にしみ込んでなくなって

      しまいます。

      お金はじゃんじゃん出す!使う!回していく。

      川の流れを止めてはいけません。

      そうすれば、入ってきます。

      使えば使うだけ、必要な分が入ってくる。そういうしくみになっています。

       

      お金は使えば使うだけ、必要な分が入ってくる。

      ・・・と言われても、

      無理でしょう。なくなるでしょう・・・と私は思いました。

      そこが「お金に困る人」」の考え方で

      「お金に困らない人」の考え方は

      お金はじゃんじゃん出す!使う!回していく。

      お金は、「使ったら、入ってくる」

       

      前提が違う、お金に対するあり方を変えると

      現象が違ってくる。

      節約すればするほどお金が減る

       

      なんだか分かったような、分からないような本でした。

      お金をじゃんじゃん使う。

      正直怖くて出来ません。

       

      ただ、すぐにはそういう考え方も出来ないので

      お金は、「使ったら、入ってくる」という前提に変えてみる。

       

      ・・・「使ったら、入ってくる」と思えたら、お金に対する

      恐怖心も薄らぎますね。

       

      だけど・・・難しい。

       

       

      ブログランキング参加しています。

      人気ブログランキングへ





      ゆうちょダイレクト便利すぎ!

      0

          💛ブログにご訪問ありがとうございます。💛

        JUGEMテーマ:日常

         

        今さら感も強いですが、

        ネット銀行便利ですね。

         

        ネット銀行使っていなかったわけでは

        ないですが、入金が面倒であまり使っていませんでした。

         

        最近、ゆうちょ銀行のゆうちょダイレクトを申し込んでから

        便利に使っています。

         

        最初の申し込みがいろいろ面倒ですが、

        一度申し込んでしまえば、後は楽ですね。

         

        自宅から一番近い銀行がゆうちょ銀行。

         

        今まで面倒だった入金もスムースに出来ます。

         

        今はどの銀行にもネットバンクありますが、

        自分がよく利用する銀行のネットバンクを利用するのが

        一番使えると改めて感じています。

         

        ゆうちょダイレクトで先程

        りんごを注文した、代金を振り込みしたのですが、

        銀行に行かなくても、自宅のパソコンから

        送金できるのはうれしいですね。

         

        ATM並ばなくても済みますし、

        ゆうちょダイレクトで残高照会も出来ます。

        送金先も一度、登録すれば次回からクリック1回だけで

        簡単に送金できます。

        ATMと同じです。

         

        確かにゆうちょダイレクトで送金の度に

        ワンタイムパスワードによる認証があるため

        面倒と言えば面倒ですが、

        セキュリティの事を思えば、信頼できるのでは

        ないでしようか。

         

        後はゆうちょ銀行の口座間では

        月5回まで振込手数料が無料ですし、

        何より、家に居ながら時間関係なく

        残高照会出来たり、振り込みが出来るのが

        楽でいいですね。

         

         

         

        ブログランキング参加しています。

        人気ブログランキングへ


        | 1/6PAGES | >>
        スポンサーリンク